BIOKINETIX_3D


キレイめなトランスやキラキラ系のハウスとは違い泣きよりも
ぶっ飛び具合を重視、まさにサイケの醍醐味といった
絶対に中毒になってはならない音楽ジャンルのひとつ

「ダークサイケ」。

この凶悪な音楽ジャンルの中でもさらにジャンルが細分化されており
今日、紹介するのは「ダークフルオン」と呼ばれるダークサイケデリックトランス界のアーティスト。

「Biokinetix」(バイオキネティックス)

まだまだ日本ではかなりマイナーなアーティストなのでご存知ない方が多いと思いますが
強烈なフレンチダーク・フルオンアーティスト。

無意識に体が反応してしまう強力なベースラインに、縦横無尽に飛び交う攻撃的で
切れのあるトランシーなシンセライン、強力に引っ張りあげるブレイクなどが絡みあい、
確実に重低音ファンを魅了するであろうダークサイケ界の新生。

Galactik Riders


以前紹介したキンザザ(Kindzadza)のようなロシアンダークサイケとは異なり
http://hz.blog.jp/archives/1003121079.html

踊れるアッパーでアゲアゲなダークサイケです。

2009年に発表した1stアルバム『i3D1』で一躍ブレイクしたフランス出身の新鋭Biokinetix。

名前の由来はweb上に情報が少なすぎて定かではないですが
インディアナ大学のカウンシルマンCouncilmanという博士の造語で
スピードや加速性を失わせずに等速性収縮と同じような効果をもたらす収縮の概念。
という説がありますが何のことだかさっぱり(笑)

平たく言うとブっとんでるでおk?でしょうかw

いつか来日してくれることを願います!

Acid Generation (Brain Driver Rmx)


Biokinetix Vs. Mindstorm - Daily Doses


Acid Generation (Brain Driver Rmx)


Optimus (Official)


BIOKINETIX VS CRYSTAL NETWORK ( CRYSTAL ACTIVITY )


Action Reaction


Virtual Combat


Sextime


Mesmerizer Vs Biokinetix - Apocaliptika