20111219_1092008
バンドメンバー募集ナビ


本日ご紹介するのは「Tabla Beat Science」

19才の頃、インドでバックパッカーをしていた頃、バラナシの路地裏のCDショップでたまたま見つけたのが出会いのきっかけ。
実際にじっくり聴いたのは数ヶ月後、帰国してからなのですが。CDの再生機器を持っていなくて。
船便で大量に郵送された雑貨屋、CDの中に紛れていた一枚がTabla Beat Science。

雑多な音楽を取り合わせる名人であるビル・ラズウェルという音楽家が、
今度はタブラとドラムンベースというリズムを合体させることを実験したアルバムです。
※参加しているタブラ奏者はそれぞれ名のしれた人たち

これだけの説明だとかなりマニア向けな音楽を想像してしまうと思いますが・・・
打ち込み好き、テクノと生音の融合系JAMバンド好き、アンビエントな感じが好きな方には是非おすすめしたい音楽です。

Secret Channel


Live in San Francisco at Stern Grove


タブラとは10~13世紀頃に北インドで成立した「ムガール帝国」の時代に、
イスラム教とヒンドゥー教の音楽が融合して、宮廷において発展したという「ヒンドウスタニ ミュージック」の楽器として誕生したといわれています。

e0204744_19371554

この作品でタブラを演奏するのはインドの人間国宝、世界のトップ・タブラプレイヤーZakir Hussain(ザキール・フセイン)。
ザキールが最先端の音楽とバトルするTABLA BEAT SCIENCEという名の通り、実験的要素が満載の作品。
Ustad Sultan Khan、Karsh Kale、Talvin Singh、Trilok Gurtuも作品に参加していて
欧米で活躍するインド系ミュージシャンの中でも特にビル・ラズウェルがよく共演する仲間を集めたというかんじ。

Tabla Beat Scienceはインド音楽特有のくさみがないので、誰にでも聴けるものとなっているので
特にインド音楽に興味を持った人がはじめに聞くのに丁度いいと思います。

Tala Matrix


Biotech


Audiomaze


テンポゆるめだとこんな感じ!↓

Devotional


Big Brother


Palmistry