square-cover
バンドメンバー募集ナビ


本日ご紹介するのはマイナー・ダブステップファンは必聴「BAR9」

前置きしますが・・・歌メロなし、単調なエレクトロループ、ひたすら邪悪ベースがうなりまくるアングラチューン。
一般的な聴きやすさとはかけ離れている界隈のジャンルなので低音好きでない友人に教えるのは絶対におすすめしません(笑)

BAR9はOllieとMartinから成るダブステップユニット。
ここ最近、管理人の中でかなりヒットしているアーティストです。

2013年よりTommy DashとNick Demusによって設立されたダブステップレーベル「Never Say Die Records」と契約。
(ダンスフロアで機能するようなヘビーなベースサウンドがきいたいわゆるブローステップ的なサウンドをリリースして人気を集めている
ダブステップ好きはもちろんのことエレクトロフリークも必ず注目すべき勢いに乗るレーベル!)

Piano Tune


Dancin With The Devil


1999年に世界初のDUBSTEPがリリースされ、それは既存の音楽より暗く実験的なもので、2STEPガラージのインストダブリミックスとして、
ブレークビーツのファンキーな側面、ドラムンベースのダークな側面をガラージに落とし込んで新しいものを作ろうと試みられたことによってDUBSTEPは生まれました。
2001年にはこのような音楽性やダークガラージの特性をもった音楽が披露されはじめ、ロンドンのクラブシーンにおいてDUBSTEPの普及が盛んになり、
この活動が後のDUBSTEPの発展に多大な影響を与えています。ちなみにDUBSTEP(ダブステップ)という風に呼ばれ始めたのは2002年ぐらいから。

BAR9のサウンドは脳まで響かせる重圧ベースとビート、ピコピコしたスペイシーなシンセ(スクウィー的)で構成されていますが
全体のほとんどがベースラインで演出されているといっても過言でない程に強力なベースを聴かせてくれます。

非常に歴史が浅い音楽ジャンルなので今後のシーンの展開が非常に楽しみです。

下記、BAR9の変態ダブステップ曲まとめてみました↓
下へスクロールする毎に聞きやすさがなくなりドープで病的な世界観になってます。(笑)

Aurora



Untitled Symphony


Murda Sound


Swagger


Midnight


Encounter (Blaze Remix)


What You Gonna Do


BAR9 & Datsik - Droid
Selled Souls

Why They Need Us


Shaolin Style


Demons


Dave


NEXUS - 6


1983


Strung Out


Smoke Stack


Triple Drop


So Good


Selled Souls