noize


周波数やビット数を変えたガバキックの音の変化を楽しみながら、某ハッキングスクールサイトの問題集を淡々と解く。なんて非リアな日曜日。

重低音フリークなみなさん、いかがお過ごしでしょうか?
※暑い外と涼しい室内との行き来が多くなると自律神経のバランスが崩れがちです。 栄養をしっかりとって夏バテにはお気を付けください。

本日、ご紹介するのはガバ/ハードコアテクノのアーティスト「Noizenecio」。
海外の方?と思いきや、日本人です。ノイズネシオ。通称ねしおさんだそうです。

正式な読み方を調べるために名前を検索してみたら、青森出身の1991年生まれだということが判明。
TOPの写真でしかNoizenecioさんのお姿を知らないので、てっきり脱サラしてDJを始めたみたいな人なのかと勝手に想像してました(笑)

最近、日本国内にも素敵なガバ、ハードコアのDJ、クリエイターが多く存在します。
その最前線にいるNoizenecioとは、2009年冬にTANO*Cからリリースされた「SPEED BALL Z」への楽曲提供を期に本格的に活動を開始。イタリアやオランダ方面のハードコアに流行の音を取り入れたスタイルの楽曲を得意とし、近年ではBeatmania IIDXへの楽曲提供やオランダの大手アーティストとのコラボレーションを果たす等、国内外を問わず活動の幅を広げており、今後の更なる活躍に期待されるクリエイターの一人。

Noizenecio - Trick Of Phantom


ところで・・「ガバ」って何?

まだ日本人の間ではほぼ馴染みのない音楽ジャンルですよね。
好きな音楽のジャンルは何ですか?と聞かれ「ガバ」なんて答えてしまった時は、「?」な反応をされることは間違いありません。

ガバ(GabberまたはGabba)
は、ハードコアテクノの一つに分類され、BPMの速さ&キックドラムの音にディストーションをかけた「ガバキック」を使用することが挙げられることが特徴的な音楽ジャンルです。騒がしく、かつ非常に破壊的な音楽。
1990年代初頭にロッテルダムから発祥したロッテルダムテクノをルーツに持ち。1990年代後半に発生したガバはシーンの表舞台に出ることのない状況が続いていましたが、2002年になってオランダを中心にシーンの表舞台に登場しました。ちなみにジャンル名であるガバはオランダ語で友人、仲間を意味するらしいです。

以前、当ブログでご紹介しましたニュースタイルガバのカリスマ的存在 Angerfistの軌跡の来日公演もあり アンダーグラウンドシーンでは沸々と盛り上がっている様子です。

【オランダ産ニュースタイルガバ】3月21日、奇跡の来日公演を果たした狂気のハードコアマシーン「Angerfist」 世界中で熱狂的な指示を集めるガバサウンドに注目【人気の重低音曲まとめ】

Noizenecio、人気の重低音曲まとめ

全体的にメロディアスなハードコア。
聴きなれない人が聴いたら騒音にも匹敵する音だと思いますが比較的聴きやすいガバ/ハードコアです。 


退廃的なアートワークが個人的にかなりツボ。
おすすめ!

Noizenecio - Returning


Noizenecio - Wide Awake (ft. Katy Perry)


Noizenecio-Accept Supposition


Noizenecio - Extreme Action(BPM600超え)


Noizenecio - Regenerate Sky


Noizenecio - Judgement


Noizenecio - Freedom


Noizenecio - Addiction


Noizenecio - Nighttime Fears


Noizenecio - Digital Battlefield


10. Noizenecio - Wounded and Dead


Noizenecio - Never Again


Noizenecio feat MC Dahl Headland i'm ready


Enter to the nightmare


Noizenecio - Atomic Storm


Noizenecio - Sudden&Hide


Noizenecio - Gain


Noizenecio — Soul Of Noise


Noizenecio - The Hand